事例集

共同住宅でのサクラアリ調査|京都市西京区

お困り内容

昨日よりリビングの窓枠に小さな翅蟻が大量発生して困っている。

作業情報

害虫
サービス
調査
費用
0円
日数
1時間程度

担当スタッフよりコメント

昨日突然、翅蟻が室内に発生したとの連絡を頂き調査に伺いました。
蟻の大きさや形、色、発生時期からサクラアリと判明しました。
羽蟻の体長は、オスが約2㎜、メスが約4㎜。
体色はやや無光沢な暗褐色。大腮・触角・肢はやや黄褐色です。
やや湿った平地に近い自然林の石の下や、
少し深い土の中で営巣します。家屋の壁下・床下・屋根裏などに
小集団で営巣することもあります。
羽蟻の分封期は9~11月頃です。
窓の下が庭になっておりそこから侵入したものと思われます。
早速、お客様に状況、駆除の方法、費用等をご説明しました。
今年はアリの被害報告が多数寄せられております。
お悩みの方はご一報ください。

同じカテゴリーの事例

メールでお問い合わせはこちら

害虫別サービス一覧

会社案内

害虫駆除のことなら グラックス

〒613-0904 京都市伏見区淀池上町38 HACOSU淀 1F
TEL:075-633-4590
FAX:075-633-4591
《営業時間》
9:00~19:00 年中無休
《事業内容》
害虫駆除・防除、消毒・殺菌、ハウスクリーニング

詳細はこちら

アクセス

詳しく見る

ページのトップへ